利己主義egoism (501)

最終更新日:2002年05月09日 船戸和弥のホームページ

哲学事典(森 宏一編集、青木書店 1981増補版)から引用:括弧内は参照頁。

 道徳説のひとつ。自己のみの利益を中心において、他の人びとや社会についてはその利益を顧慮しない立場をいう。個人主義にむすびついているもの。もっとも、利己主義者には、他人の利をもはかることを手段にして、その目的を達しようとするものもある。つまり、目的は自己にあり、他人は手段となっている。