(三)Ulna(尺骨)Ulna

 前腕の内側にある長い管状骨である。上部は肥厚し、中央部の体は三角柱状をなし、内側縁は薄くて骨間縁という。下部は細くてその先端を尺骨頭という。尺骨頭には橈尺関節の関節面がある。上端の後側にはくちばし状の肘頭、前側には鈎状突起があって、その間に滑車切痕をはさんでいる。鈎状突起の外側面に橈骨切痕があり、下方に尺骨粗面がある。尺骨頭の後内側には茎状突起が出ている。

anatomy1c2-3-1.jpg (13843 バイト)

anatomy1c2-3-2.jpg (13719 バイト)

最終更新日:2012年06月04日