2,Scapula(肩甲骨)Scapula

 肩の背面にある三角形の扁平骨である。これに上縁・内側縁・外側縁の3縁と背側面、肋骨面の両面を区別する。外側縁は腋窩縁、内側縁は脊柱縁ともいう。肋骨面はまだ肩甲下窩といわれる。上角は上縁と脊柱縁、下角は脊柱縁と腋窩縁、外側角は腋窩縁と上縁の会合するところである。背面の上部にはほぼ水平に走る隆起があって、これを肩甲棘といい、その上方は棘上窩、下方は棘下窩という。その外側端は肩峰となって高く聳えている。肩峰の内側面には鎖骨との関節面がある。上縁の外側端には前方に向かって鈎状の烏口突起が突出している。肩甲骨の外側端は肥厚し、その外側面は皿状に浅くくぼんで関節窩という凹面をなしている。上縁と烏口突起の基部との境には肩甲切痕という小さい切れ込みがある。

anatomy1c1-5.jpg (23853 バイト)

anatomy1c1-6.jpg (23968 バイト)

anatomy1c1-7.jpg (14573 バイト)

anatomy1c1-8.jpg (19910 バイト)

anatomy1c1-9.jpg (24483 バイト)

最終更新日:2012年06月04日