C,Pars autonomica [Systema nervosum autonomicum](自律神経系)Autonomic nervous system

1,内臓神経系
「一」内臓(性)運動神経
(一)Pars sympathetica(交感神経)Sympathetic part (system)
(二)Pars parasympathetica(副交感神経)Parasympathetic part (System) 
「二」内臓知覚性神経

 末梢神経には以上述べた脳脊髄神経系のほかに、なお自律神経系がある。脳脊髄神経は主として皮膚その他の感覚器からの刺激を集めるとともに、横紋筋に運動命令を送るものであるが、自律神経はおもに平滑筋と腺に分布して、その運動ないし分泌を司るものである。したがって自律神経の支配範囲は主として脈管と内臓ということになるが、このほか汗腺・脂腺・立毛筋・内眼筋などの腺や筋もその支配下にあることは勿論である。
 自律神経系に求心性線維が含まれているかどうかの問題は未解決である。内臓や血管壁に知覚性の神経線維が分布していることは間違いのない事実で、たとえば大小内臓神経のなかに求心性の線維が混じっていることは実験的にも証明されているが、問題はこれらを自律神経系に入れるか脳脊髄神経系に入れるかにかかっている。
 脳脊髄神経は文字通り末梢神経で単に中枢と終末器官との連絡路たるにすぎない。これに反して自律神経は形態学的に脳や脊髄との連絡が弱く、末梢の経過中に豊富な神経節を具えているから、機能的には中枢神経からの支配を受けることが少なく、ほとんど独立的に行動している。すなわち自律性に富んでいるのである。平滑筋の運動や腺の分泌がわれわれの意志に従わず無意識的に、すなわち反射的に起こるのはそのためである。このように自律神経はいわゆる植物性機能(消化・呼吸・生殖・循環・分泌など)を主宰するものであるから、これをまた植物性神経系とも呼ぶことがある。
 自律神経系の機能はそれが自律的であるとはいっても、中枢神経から完全に独立しているものではない。このことは形態学的に両者の間に連絡のあることからもすでに考えられるが、事実自律神経に支配される現象のなかには、中枢神経系からの影響を受けるものが少なくないのである。悲しい場合に涙の分泌が起こること、怒りに際して顔面が蒼白になったり(血管の収縮)、または反対に紅潮すること(血管の拡張)、精神的興奮に伴って心臓の拍動が速くなることなど、われわれの日常経験するところであって、これからはいずれも自律神経が中枢ことに大脳皮質における神経作用からある程度の影響を受けている証拠である。
 自律神経はさらに交感神経系と副交感神経系とに区別される。この両系は一般に同一終末器官に並行的に分布しているのであって、しかもその作用はほぼ正反対である。たとえば、あとで再び述べるように、心臓は交感神経からも、また、副交感神経に属する迷走神経からも支配されているが、前者は心臓の機能を促進されるのに対して、後者はこれを抑制するのである。
 以上は生理学的差異であるが、形態学的にも両者間にかなり著しい違いがある。すなわち交感神経は脳脊髄神経とは独立の一系統をなし、ただ交通枝でこれと連絡しているだけであるのに対して、副交感神経は脳神経および脊髄神経のなかに混在している。形態学的に脳脊髄神経と副交感神経とを分離することは、その末梢部すなわち神経が終末器官に分布するところを見届けない限り不可能である。また交感神経ではその末梢枝はほとんど常に血管ことに動脈に伴ってその外膜のなかを走っているが、副交感神経には血管との関係は認められない。ただ両者に共通の特徴といえば、あとで述べる通り、その末梢部が必ず2個の神経元から成っているという点である。

1,内臓神経系

 末梢神経には以上述べた脳脊髄神経系のほかに、なお内臓神経系Visceral nervous systemがある。脳脊髄神経は主として皮膚その他の感覚器からの刺激を集めるとともに、横紋筋に運動命令を送るものであるが、内臓神経はおもに平滑筋と腺に分布して、その運動ないし分泌を司るものである。したがって内臓神経の支配範囲は主として脈管と内臓ということになるが、このほか汗腺・脂腺・立毛筋・内眼筋などの腺や筋もその支配下にあることは勿論である。
 内臓神経を大別して、内臓運動性神経と内臓感覚性神経とする。

「一」内臓(性)運動神経

 内臓運動神経は自律神経系とも呼ばれる。以上に述べたように、内臓運動神経は主に平滑筋と腺に分布して、その運動ないし分泌を司るものである。内臓運動神経はさらに交感神経と副交感神経に区別される。両者は拮抗的に働くが、適当な協調によって生命現象の生理の営みを支配する。自律神経は機能面からは中枢神経からの支配にあまり依存せずに、ほとんど自主的(ないし自律的)に活動しているが、実際には自律神経もある程度大脳皮質からの支配を受けている。その例としては、われわれが精神的に興奮した場合に、心臓の拍動や脈拍数が増加したりすることで容易に理解される。形態学面と機能学面から見れば、自律神経は体性運動神経といくつかの異なる点が見られる。
 すなわち、体性運動神経は骨格筋を支配するのに対して、自律神経は平滑筋・心筋・腺などを支配する。
 体性運動神経は同じ種類の神経線維を含んでいるが、自律神経は交感神経と副交感神経とに区別される。交感神経と副交感神経は同一終末器官に並行的に分布しているのであって、しかもその作用はほぼ正反対である。例えば、交感神経は心臓の機能を促進させるのに対して、副交感神経はこれを抑制するのである。
 脳脊髄から発した体性運動神経はそのまま末梢の支配器官に行くのに対して、自律神経は必ず途中で一個またはそれ以上の自律神経節に入り、ここで神経元を新たにする。脳脊髄から直接発する線維を節前線維といい、上記の神経節から発する線維を節後線維という。節前線維の神経元は常に脳脊髄のなかにあって一個であるが、節後線維の神経元は常に脳脊髄外にあり、その数も一個とは限らず、しばしばそれ以上である。節前線維は有髄性であるが、節後線維は無髄かあるいはきわめて、薄い髄鞘を有するのみである。
 体性運動神経は骨格筋を支配する有意識性の神経であるのに対して、自律神経は内臓、血管、腺などの不随意性器官に分布して、呼吸、消化、循環、吸収、分泌および生殖などの植物性作用、すなわち無意識性の反射の作用を支配する。

(一)Pars sympathetica(交感神経)Sympathetic part (system)

 交感神経の低位中枢は第1胸髄~第3腰髄の側角にあり、ここから起こる節前線維は脊髄神経とともに前根を通って脊髄の外に来るが、交通枝を介して、交感神経節内に入り交感神経節に終わる。交感神経節から起こる節後線維は主として近くの血管壁に沿って走り、自律神経叢を作りながら副交感神経の分枝を受けて支配器官に向かう。
 交感神経節:交感神経節は椎旁神経節と椎前神経節がある。椎旁神経節は脊柱の両側にあり、二本の交感神経幹を作る。上は頭蓋底から下は尾骨にまで及んでいる。一本の交感神経幹のなかに20余個の幹神経節が介在するので、全体は数珠のようである。椎前神経節は脊柱の前側にあり、自律神経叢中にあるので、自律神経叢神経節ともいう。腹腔神経節、上および下腸間膜動脈神経節などがある。
 交通枝:各脊髄神経とそれに対応する幹神経節とを結ぶ短い吻合枝である。交通枝には自交通枝と灰白交通枝とがある。白交通枝は脊髄の側角細胞からくる節前線維で、有髄性のため肉眼的に白色に見えるのでその名があり、付近の脊髄神経前根を経て「交感神経」幹神経節に入り、多くはここで終わり、あるいは交感神経幹内で上行・下行して、幹神経節におわるが、一部はさらに末梢にある自律神経叢内の椎前神経節で終わり、節後線維に接続する。灰白交通枝は無髄か、あるいはきわめて薄い髄鞘を有するのみで、肉眼的に灰白色に見えるのでその名があり、「交感神経」幹神経節に始まる節後線維からなる。この線維は「交感神経」幹神経節または交感神経幹から付近の脳脊髄神経に入り、これと共に体壁の末梢部に至り皮膚、横紋筋などに分布する。しかしこのほか、「交感神経」幹神経節から出る節後線維の大部分および椎前神経節から出るすべての節後線維は、内臓・腺・心臓・血管および皮膚などのような身体末梢部における不随意筋などに分布する。
 交感神経系をその部位にしたがって頭頚部・胸部・腹部・骨盤部の4部に区分する。

1,頭頚部

 交感神経幹は側頚部において内頚動脈と総頚動脈の後方、迷走神経のすぐ内側をほぼこれらと並んで走り、上方はのびて内頚動脈神経となり、下は胸部の交感神経幹につづいている。その経過中に通常、3個の神経節をもっている。上頚神経節はきわめて大きく、紡錘形をしている。その高さは第3-4頚椎に相当している。これに対して中頚神経節はずっと小さく、およそ第6頚椎の高さにある。この神経節は欠けていることが少なくない。下頚神経節も比較的小さく、第7頚椎の高さで鎖骨下動脈の後方に位置している。
下頚神経節は第1胸神経節と完全にまたは部分的に融合していることがしばしばで、このような場合にはこれを星状神経節と名づける。しかし星状神経節の概念はあまりはっきりしていない。ときには第1胸神経節または下頚神経節の別名として用いられる。
末梢枝は頭頚部の腺性および平滑筋性の器官と心臓とに分布している。その主なものをあげると:

〔1〕Nervus caroticus internus(内頚動脈神経)Internal carotid nerve

 交感神経幹の直接の続きとして上頚神経節から上方へのび出し、内頚動脈に伴って頭蓋腔に入り、動脈の壁上で神経叢を作りつつ動脈とともに枝分かれする。その経過中に深錐体神経という枝を出して翼口養神経節と連絡し、また眼動脈壁上の神経叢からは毛様体神経節に枝を与える。

〔2〕Nervi carotici externi(外頚動脈神経)External carotid nerves

 上頚神経節から分かれ、外頚動脈に伴行してほぼその潅漑区域に分布する。その顔面動脈壁上にある神経叢からは顎下神経顎に、中硬膜動脈壁上の神経叢からは耳神経節にそれぞれ枝が与えられている。

〔3〕Rami laryngopharyngeales(喉頭咽頭枝)Laryngopharyngeal branches

 上頚神経節から出て、一部は上喉頭神経(迷走神経の枝)とともに喉頭に行き、一部は舌咽神経および迷走神経の枝とともに咽頭神経叢を作って咽頭に分布する。

〔4〕心臓枝

 上・中・下の頚神経節からそれぞれ1本の上・中・下頚心臓神経を出している。これらは下行して胸腔に入り、大動脈弓の壁上で迷走神経の心臓枝と合して心臓神経叢を作り、心蔵に分布する。その末梢の一部はとくに刺激伝導系と密接な関係をもっているといわれる。
Nervus cardiacus cervicalis superior(上(頚)心臓神経)Superior cervical cardiac nerve
Nervus cardiacus cervicalis medius(中(頚)心臓神経)Middle cervical cardiac nerve
Nervus cardiacus cervicalis inferior(下(頚)心臓神経)Inferior cervical cardiac nerve

2,胸部
 交感神経幹は頭頚部から胸腔に入り、胸膜の壁側葉に覆われながら胸部脊柱の両側を下り、横隔膜を貫いて腹腔に入る。その経過中には10-12個の胸神経節があり、これらは交通枝によって各肋間神経と連絡するとともに、末梢枝を動脈と諸内臓に送っている。末梢枝の主なものをあげると:

〔1〕Rami cardiaci thoracici(胸心臓神経《胸心臓枝》)Thoracic cardiac branches
 上位の胸神経節(通常第2-5胸神経節)から発する細い枝で、上述の心臓神経叢にはいる。

〔2〕Rami pulmonales thoracici(胸肺枝)Thoracic pulmonary branchesとRami oesophageales(食道枝)Esophageal branches
 これらは上位の胸神経節から起こり、迷走神経とともにそれぞれ肺神経叢および食道神経叢を作って肺と食道に分布する。

〔3〕Nervus splanchnicus major(大内臓神経)Greater splanchnic nerveとNervus splanchnicus minor(小内臓神経)Lesser splanchnic nerve
 前者は中位の胸神経節(第5-9)から、後者は下位の胸神経節(第10-12)から起こり、胸椎体の外側に沿って斜に前下方に下り、横隔膜を貫いて腹腔に出て、すぐに腹腔神経叢と上腸間膜動脈神経叢に入る。

3,腹部
 交感神経幹は胸部のそれに続いて腰推の両側を下り、下は骨盤部に連なっている。その経過中には4-5個の腰神経節があり、これらは一方では交通枝によって各腰神経と連絡するとともに他方では臓側枝(腰内臓神経)を下記の神経叢に送っている。

〔1〕Plexus coeliacus(腹腔神経叢)Celiac plexus
 大動脈の横隔膜貫通部のすぐ下で、腹腔動脈と上腸間膜動脈の基部の周囲に入る。

〔2〕Plexus mesentericus superior(上腸間膜動脈神経叢)Superior mesenteric plexus
 上腸間膜動脈の起始部をとりまいてある。

〔3〕Plexus mesentericus inferior(下腸間膜動脈神経叢)Inferior mesenteric plexus
 下腸間膜動脈の起始部にある。
 これらの神経叢のなかにはよく発達した神経細胞の集団があり、それを主体に考えた場合にこれらを腹腔神経節、上・下腸間膜動脈神経節と呼ぶ。これらの神経叢から派出する多数の枝は腹大動脈とその臓側枝の壁上で著しい神経叢をつくりながらこれらの動脈に伴行して末梢に走り、骨盤以外の腹部内臓に分布する。 これらの神経節はいずれも脊柱の前側にあるので、椎前神経節と総称することがある。また大腸神経節というのは左右の腹腔神経節をあわせての呼称で、この神経節から出る神経が太陽の光のように放射状に走っているので名付けられたものである。

〔4〕Plexus hypogastricus superior [Nervus presacralis](上下腹神経叢[仙骨前神経])Superior hypogastric plexus [Presacral nerve]
 腰神経節の臓側枝と腹大動脈壁上の交感神経叢の枝が正中部で合してできたもので、仙骨の前を骨盤腔に下り、後述の骨盤神経叢の形成にあずかる。

4,骨盤部
 骨盤部の神経幹は腹部のそれに続いて仙骨の前面にあり、各側4-5個の仙骨神経節をもっている。これらの神経節もまた交通枝を通じて仙骨神経および尾骨神経と連絡し、その臓側枝(仙骨内臓神経)は仙骨神経の臓側枝(骨盤内臓神経)とともに直腸および膀胱の外側部で強大な下下腹神経叢(骨盤神経叢)を作って直腸・膀胱・生殖器などの骨盤内臓に分布している。
Plexus hypogastricus inferior [Plexus pelvicus](下下腹神経叢[骨盤神経叢])Inferior hypogastric plexus [Pelvic plexus]

(二)Pars parasympathetica(副交感神経)Parasympathetic part (System)

 副交感神経は独立した形態をもたずに、その線維は主に動眼神経、顔面神経、舌咽神経および迷走神経内に混在して走り、脊髄神経では、第2-4仙骨神経中に混在している。これらの線維の起始部は、中脳、延髄および仙髄の灰白質細胞であり、ここから出発する線維は節前線維として走り、支配器官に到達する経過中に所属神経節を経由して節後線維となり支配器官に分布する。

1,動眼神経と混走するもの
 動眼神経副核から起こる。節前線維は動眼神経とともに眼窩内に入ってから、分かれて毛様体神経節に達する。節後線維は毛様体神経として毛様体筋と瞳孔括約筋に分布する。

2,顔面神経と混在して走るもの
 上唾液核から起こる。副交感線維は2方向に分かれる。

a」節前線維は顔面神経とは早くから分かれて(顔面神経管の始部で)大錐体神経となり、翼口蓋神経節を経て、節後線維は涙腺に向かう。
 Ganglion pterygopalatinum(翼口蓋神経節)Pterygopalatine ganglion

b」節前線維は顔面神経管の終部近くで顔面神経と分かれ、鼓索神経となって鼓室内を貫通した後に舌神経に加わり、さらに分かれて顎下神経節 に入る。節後線維な顎下神経節を出して顎下腺と舌下腺に分布する。
 Ganglion submandibulare(顎下神経節)Submandibular ganglion

3,舌咽神経と混って走るもの
 下唾液核から起こる。節前線維は舌咽神経とは頭蓋底(下神経節)で分かれ、小錐体神経として耳神経節に入った後に、節後線維は耳下腺に向かう。
 Ganglion oticum(耳神経節)Otic ganglion

4,迷走神経と混って走るもの
 迷走神経のほとんどは迷走神経背側核から起こる副交感性線維である。咽頭以下の頚・胸・腹部の内臓に分布する(骨盤内臓には下記の仙骨神経に混って走る線維が分布する)。迷走神経の分枝は、すべて各内臓に分布する直前で、その分布器官内あるいは器官近くで所属の神経節に達し、それを経由して節後線維となっている。

5,仙骨神経と混って走するもの
 仙髄の側柱細胞からの線維が前根を通って第2-4仙骨神経内に入り、前仙骨孔を出てから、仙骨神経と分かれて骨盤内臓神経となり骨盤内臓(下行およびS状結腸、直腸、膀胱、生殖器など)に分布する。
Nervi pelvici splanchnici [Nervi erigentes](骨盤内臓神経[勃起神経])Pelvic splanchnic nerves

「二」内臓知覚性神経

 自律神経系に求心性線維が含まれているかどうかの問題はまだ未解決のままである。内臓や血管壁に知覚性の神経線維に分布していることは間違いのない事実で、例えば大・小内臓神経のなかには確かに求心性線維から混じっていることは実験的にも証明されている。これらの求心性線維を通る神経元は脊髄神経節に集まっている。また、迷走神経のなかに含まれている求心性線維の神経元は迷走神経の下神経節に集まっている。内臓に分布する自律神経系のなかに含まれている求心性線維の正確な経過や連絡については不詳の点が多い、またこの求心性線維がどんな種類の知覚を伝導するかについても充分には分かっていない。これらの点に関しては今後の研究と検討とに待つところが多い。

最終更新日:2012年06月04日