目次骨格系関節系筋肉系消化器系呼吸器系胸郭泌尿器系生殖器系腹腔と骨盤腔内分泌腺心脈管系リンパ系神経系感覚器外皮

Bronchi(気管支)Bronchi きかんし Feneis: 144 28

[A06_4_01_001] →(気管支は第4胸椎の高さで気管分岐部よりおこり肺門にいたる部分で、主気管支とよばれる。左右のなす角度は平均70度で、右は鉛直線に対して20~40度、左は40~60度である。右は太くて短く(約3cm)、左は右よりやや細く長い(5~6cm)。気管支軟骨の数は右6~8個、左9~12個である。粘膜下組織中には気管におけると同組成の気管支腺をみる。気管支は枝分かれするにつれて名前が変わってくる。すなわち気管支→葉気管支→区気管支→区(域)気管支枝。これ以上分枝すると組織学用語になり、細気管支bronchioli→終末細気管支bronchioli terminales→呼吸細気管支bronchioli respiratorii→肺胞管ductuli alveolares→肺胞嚢sacculi alveolaresとなり、遂に肺胞alveoliに終わる。肉眼解剖でも終末細気管支ぐらいまでは剖出できる。)

Bronchial tree(気管支樹)Arbor bronchialis きかんしじゅ Feneis: 144 29

[A06_4_01_002] →(肺に入った気管支は左右の主気管支と呼ばれ、分岐を繰り返す結果、管腔が細くなり樹状を呈することから気管支樹と呼ばれる。)

Right main bronchus(右主気管支;右気管支)Bronchi principales dexter うしゅきかんし Feneis: 144 30

[A06_4_01_003] →(右主気管支は直接気管からでる右の気管支幹部。(Feneis))

Left main bronchus; Left bronchus(左主気管支;左気管支)Bronchi principales sinister; Bronchus principalis sinister さしゅきかんし;さきかんし Feneis: 144 30

[A06_4_01_004] →(左主気管支は直接気管からでる左の気管支幹部。)

Lobar and segmental bronchi; Segmentation of bronchi(葉気管支と区域気管支;葉気管支と区気管支)Bronchi lobares et segmentales ようきかんしとくいききかんし;ようきかんしとくきかんし Feneis: 146 01

[A06_4_02_001] →(主気管支は肺門にいたって葉気管支に分岐する。左は上・下葉気管支に、右は上・中・下葉気管支、計5本の葉気管支を数える。葉気管支からは肺区域に対して通常20の区域気管支が分岐する。)

Eparterial bronchial branch(動脈上気管支枝)Ramus bronchialis eparterialis どうみゃうじょうきかんしし

[A06_4_02_001_2]→

Hyparterial bronchial branches(動脈下気管支枝)Rami bronchiales hyparteriales 

[A06_4_02_001_5]→

Right superior lobar bronchus(右上葉気管支; 動脈上気管支)Bronchus lobaris superior dexter; Eparterial bronchus うじょうようきかんし;どうみゃくじょうきかんし Feneis: 146 02

[A06_4_02_002] →(右上葉気管支は気管分岐後すぐ右上葉に向かう気管支で肺尖枝(B1)、後上葉枝(B2)、前上葉枝(B3)よりなる。)

Apical segmental bronchus of right lung [B I]; Apical bronchus(肺尖枝(B1);肺尖区気管支(B1);肺尖区域気管支(B1)(右肺の))Bronchus segmentalis apicalis [B I] うはいのはいせんし(B1);うはいのはいせんくきかんし(B1);うはいのはいせんくいききかんし(B1) Feneis: 146 03

[A06_4_02_003] →(右肺の肺尖枝(B1)は下方は第三肋骨までの肺尖区(S1)へ向かう。肺尖枝(B1)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Posterior segmental bronchus [B II](後上葉枝(B2);後区気管支(B2);後区域気管支(B2)(右気管支の))Bronchus segmentalis posterior [B II] こうじょうようし(B2);こうくきかんし(B2);こうくいききかんし(B2) Feneis: 146 04

[A06_4_02_004] →(後上葉枝(B2)は前方はほぼ腋窩中線までの後上葉区(S2)へ向かう。後上葉枝(B2)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Anterior segmental bronchus of right lung [BIII](前上葉枝(B3);前区気管支(B3);前区域気管支(B3)(右気管支の))Bronchus segmentalis anterior dexter [B III] ぜんじょうようし(B3);ぜんくきかんし(B3);ぜんくいききかんし(B3)(うはいの) Feneis: 146 05

[A06_4_02_005] →(右肺の前上葉枝(B3)は後方はほぼ腋窩中間線までの前上葉区(S3)へ向かう。前上葉枝(B3)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Middle lobar bronchus; Right middle lobar bronchus(右中葉気管支;中葉気管支)Bronchus lobaris medius; Bronchus lobaris medius dexter うちゅうようきかんし;ちゅうようきかんし Feneis: 146 06

[A06_4_02_006] →(中葉気管支は右肺中葉へ向かう葉気管支で外側中葉枝(B4)と内側中葉枝(B5)よりなる。)

Lateral segmental bronchus [B IV](外側中葉枝(B4))Bronchus segmentalis lateralis [B IV] がいそくちゅうようし(B4) Feneis: 146 07

[A06_4_02_007] →(外側中葉枝(B4)は右肺の中葉の後外側にある肺区へ向かう。)

Medial segmental bronchus [B V](内側中葉枝(B5))Bronchus segmentalis medialis [B V] ないそくちゅうようし(B5) Feneis: 146 08

[A06_4_02_008] →(内側中葉枝(B5)は右肺の内側中葉区(S5)へ向かう。)

Right inferior lobar bronchus(右下葉気管支)Bronchus lobaris inferior dexter うかようきかんし Feneis: 146 09

[A06_4_02_009] →(右下葉気管支は後は第四肋骨までの右下葉へ向かう葉気管支で上-下葉枝(B6)、内側肺底枝(B7)、前肺底枝(B8)、外側肺底枝(B9)、後肺底枝(B10)よりなる。)

Superior segmental bronchus of right lung; Apical segmental bronchus of right lung [B VI](上-下葉枝(B6)(右肺の);右肺、下葉の上区気管支(B6);右肺、下葉の上区域気管支(B6))Bronchus segmentalis superior [B VI] じょう-かようし(B6)(うはいの);うはい、かようのじょうくいききかんし(B6);うはい、かようのじょうくいききかんし(B6) Feneis: 146 10

[A06_4_02_010] →(右肺の上-下葉枝(B6)は上葉と接する唯一の下葉尖端域へ向かう。上-下葉枝(B6)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Medial basal segmental bronchus of right lung [B VII](内側肺底枝(B7);心臓気管支(B7);内側肺底区気管支(B7);内側肺底区域気管支(B7)(右肺の))Bronchus segmentalis basalis medialis dexter; Bronchus cardiacus [B VII] ないそくはいていし(B7);しんぞうきかんし(B7);ないそくはいていくきかんし(B7);ないそくはいていくきかんし(B7)(うはいの) Feneis: 146 12

[A06_4_02_011] →(右肺の内側肺底枝(B7)は肺の外面に達しない下葉内側区へ向かう。内側肺底枝(B7)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Anterior basal segmental bronchus of right lung [B VIII](前肺底枝(B8);前肺底区気管支(B8);前肺底区域気管支(B8)(右肺の))Bronchus segmentalis basalis anterior dexter [B VIII] うはいのぜんはいていし(B8);うはいのぜんはいていくきかんし(B8);うはいのぜんはいていくいききかんし(B8) Feneis: 146 13

[A06_4_02_012] →(右肺の前肺底枝(B8)は楔形の前肺底区(S8)に向かう。右肺の前肺底枝(B8)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Lateral basal segmental bronchus of right lung [B IX](外側肺底枝(B9)(右肺の))Bronchus segmentalis basalis lateralis dexter [B IX] がいそくはいていく(B9)(うはいの) Feneis: 146 14

[A06_4_02_013] →(右肺の外側肺底枝(B9)は前肺底区(S8)と後肺底区間(S10)の小さな外側肺底区(S9)へ向かう。)

Posterior basal segmental bronchus of right lung [B X](後肺底枝(B10);後肺底区気管支(B10);後肺底区域気管支(B10)(右肺の))Bronchus segmentalis basalis posterior dexter [B X] こうはいていし(B10);こうはいていくきかんし(B10);こうはいていくいききかんし(B10)(うはいの) Feneis: 146 15

[A06_4_02_014] →(右肺の後肺底枝(B10)は後方の脊柱まで達する後肺底区(S10)へ向かう。後肺底枝(B10)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Left superior lobar bronchus(左上葉気管支)Bronchus lobaris superior sinister さじょうようきかんし Feneis: 146 16

[A06_4_02_015] →(左上葉気管支は後方の脊柱まで達する区へ向かう。左上葉気管支は肺尖後枝(B1+2)、前上葉枝(B3)、上舌枝(B4)、下舌枝(B5)からなる。)

Apicoposterior segmental bronchus of left lung [B I+II](肺尖後枝(B1+2);肺尖後区気管支(B1+2);肺尖後区域気管支(B1+2)(左肺の))Bronchus segmentalis apicoposterior [B I+II] はいせんこうし(B1+2);はいせんこうくきかんし(B1+2);はいせんこうくいききかんし(B1+2)(さはいの) Feneis: 146 17

[A06_4_02_016] →(左肺の肺尖後枝(B1+2)は肺尖後区(B1+2)へ向かう。肺尖後枝(B1+2)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Anterior segmental bronchus of left lung [BIII](前上葉枝(B3);前区域気管支(B3);前区域気管支(B3)(左肺の))Bronchus segmentalis anterior sinister [B III] ぜんじょうようし(B3);ぜんくいきかんし(B3);ぜんくいききかんし(B3)(さはいの) Feneis: 146 18

[A06_4_02_017] →(左肺の前上葉枝(B3)は左上葉の前上葉区(S3)へ向かう。前上葉枝(B3)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Superior lingular bronchus [B IV](上舌枝(B4);上舌気管支(B4))Bronchus lingularis superior [B IV] じょうぜつし(B4);じょうぜつきかんし(B4) Feneis: 146 19

[A06_4_02_018] →(上舌枝(B4)は後方では下葉と境界まで達する。左上葉のうち下から2番目の上舌区(S4)へ向かう。上舌枝(B4)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Inferior lingular bronchus [B V](下舌枝(B5);下舌気管支(B5))Bronchus lingularis inferior [B V] かぜつし(B5);かぜつきかんし(B5) Feneis: 146 20

[A06_4_02_019] →(下舌枝(B5)は主に前方にある上葉最下区である下舌区(S5)へ向かう。下舌枝(B5)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Left inferior lobar bronchus(左下葉気管支)Bronchus lobaris inferior sinister さかようきかんし Feneis: 146 21

[A06_4_02_020] →(左下葉気管支は後方では第四胸椎までの左下葉へ向かう葉気管支。 左下葉気管支は上-下葉枝(B6)、内側肺底枝(B7)、前肺底枝(B8)、外側肺底枝(B9)、後肺底枝(B10)からなる。内側肺底枝(B7)は欠如することも多く、また共通幹(B7+8)となることもある。)

Superior segmental bronchus of left lung; Apical segmental bronchus of left lung [B VI](上-下葉枝(B6);上区気管支(B6);上区域気管支(B6)(左肺の))Bronchus segmentalis superior [B VI] じょう-かようし(B6);じょうくきかんし(B6);じょうくいききかんし(B6)(さはいの) Feneis: 146 22

[A06_4_02_021] →(左肺の上-下葉枝(B6)は下葉のうち後上方にある上下葉区(S6)へ向かう。上-下葉枝(B6)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Medial basal segmental bronchus of left lung [B VII](内側肺底枝(B7);心臓気管支(B7);肺底区気管支(B7);肺底区域気管支(B7)(左肺の))Bronchus segmentalis basalis medialis sinister; Bronchus cardiacus [B VII] ないそくはいていし(B7);しんぞうきかんし(B7);はいていくきかんし(B7);はいていくいききかんし(B7)(さはいの) Feneis: 146 24

[A06_4_02_022] →(左肺の内側肺底枝(B7)は外側肺面に達しない内側肺底区(S7)へ向かう。内側肺底枝(B7)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Anterior basal segmental bronchus of left lung [B VIII](前肺底枝(B8);前肺底区気管支(B8);前肺底区域気管支(B8)(左肺の))Bronchus segmentalis basalis anterior sinister [B VIII] さはいのぜんはいていし(B8);さはいのぜんはいてくきかんし(B8);さはいのさはいのぜんはいていくいききかんし(B8) Feneis: 146 25

[A06_4_02_023] →(左肺の前肺底枝(B8)は下前端にある前肺底区(S8)へ向かう。左肺の前肺底枝(B8)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Lateral basal segmental bronchus of left lung [B IX](外側肺底枝(B9)(左肺の))Bronchus segmentalis basalis lateralis sinister [B IX] がいそくはいていし(B9)(さはいの) Feneis: 146 26

[A06_4_02_024] →(左肺の外側肺底枝(B9)は前肺底区(S8)と後肺底区(S10)の間にある外側肺底区(S9)へ向かう。外側肺底枝(B9)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Posterior basal segmental bronchus of left lung [B X](後肺底枝(B10);後肺底区気管支(B10);後肺底区域気管支(B10)(左肺の))Bronchus segmentalis basalis posterior sinister [B X] こうはいていし(B10);こうはいていくいききかんし(B10);こうはいていくいききかんし(B10)(さはいの) Feneis: 146 27

[A06_4_02_025] →(左肺の後肺底枝(B10)は上-下葉区(S6)の直下にある左肺、下葉の後肺底区(S10)へ向かう。後肺底枝(B10)は日本語としてよい語であるが、ここでは直訳も併記した。)

Intrasegmental bronchi(区域内気管支枝)Bronchi intrasegmentales くいきないきかんしし [A06_4_02_026]

Fibromusculocartilaginous layer of bronchus(線維筋軟骨層(気管支の))Tunica fibromusculocartilaginea bronchi せんいきんなんこつそう(きかんしの) [A06_4_02_027]

Segmental bronchial branches(区域気管支枝)Rami bronchiales segmentorum くいききかんしし Feneis: 148 01

[A06_4_02_027_1] →(個々の区気管支の枝。(Feneis))

Bronchial mucosa; Mucous membrane of bronchus(粘膜(気管支の);気管支粘膜)Tunica mucosa bronchi ねんまく(きかんしの);きかんしねんまく Feneis: 148 04

[A06_4_02_029] →(円柱絨毛粘液上皮を有する気管支粘膜。(Feneis))

Bronchial glands(気管支腺)Glandulae bronchiales きかんしせん Feneis: 148 05

[A06_4_02_030] →(粘膜下層にある混合腺。粘漿混合腺の気管支腺が分布するが、気管にくらべ少ない。末梢ではさらに少なくなる。)

Submucosa of bronchus(粘膜下組織(気管支の))Tela submucosa bronchi ねんまくかそしき(きかんしの) Feneis: 148 03

[A06_4_02_028] →(気管支粘膜下の結合組織。(Feneis))

Tunica muscularis(筋層(気管支の))Tunica muscularis きんそう(きかんしの) Feneis: 148 02

[A06_4_02_028_1] →(気管支壁の筋層。(Feneis))

最終更新日: 16/07/20

funalogo.gif (2604 バイト)

 

You are the th visitor to this page !(since 2000/1/1)

本日の番目です。昨日はth visitor to this page !

アクセス集計