目次骨格系関節系筋肉系消化器系呼吸器系胸郭泌尿器系生殖器系腹腔と骨盤腔内分泌腺心脈管系リンパ系神経系感覚器外皮

Splanchnology(内臓学)Splanchnologia ないぞうがく Feneis: 401 35 [A04_8_06_018_1]

Alimentary system; Digestive system(消化器;消化器系)Systema digestorium しょうかきけい Feneis: 108 01

[A05_0_00_000] →(栄養分を取りこむ器官系で、言い換えれば、身体の成長に必要な物質と身体の活動を支えるためのエネルギー源とを取り入れるのが消化器の役割である。消化器は口腔・咽頭・食道・胃・小腸・大腸などから構成された「消化管」とこれに開く唾液腺・肝臓・膵臓などの「消化腺」とから出来ている。)

General terms(一般用語(内臓学の))Nomina generalia いっぱんようご(ないぞうがくの) Feneis: 401 36 [A05_0_00_001]

Mucous membrane(粘膜)Tunica mucosa ねんまく Feneis: 401 40

[A05_0_00_002] →(粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層に区分sなれる。粘膜上皮は円柱上皮からなり、粘液を分泌する胚細胞や、消化管ホルモンを分泌する基底顆粒細胞が含まれる。一方で、粘膜下層には分泌腺や粘膜下神経叢(マイスネル神経叢)とよばえる自律神経叢が認められる。(イラスト解剖学))

Mucous epithelium(粘膜上皮)Epithelium mucosae ねんまくじょうひ Feneis: 401 41 [A05_0_00_003]

Lamina propria; Proper lamina(粘膜固有層)Lamina propria mucosae ねんまくこゆうそう Feneis: 401 42 [A05_0_00_004]

Muscularis mucosae(粘膜筋板)Lamina muscularis mucosae ねんまくきんばん Feneis: 401 43

[A05_0_00_005] →(粘膜筋板は小窩化のみに見られるうすい平滑筋の層で、固有層と粘膜下層の境界。粘膜の繊細な運動に関与する。)

Submucosa(粘膜下組織)Tela submucosa ねんまくかそしき Feneis: 401 44 [A05_0_00_006]

Muscle layer(筋層)Tunica muscularis きんそう Feneis: 401 45 [A05_0_00_007]

Serosa; Serous coat(漿膜)Tunica serosa しょうまく Feneis: 401 48

[A05_0_00_008] →(腸管の外表面の膜。腸管の大半が腹膜(漿膜に包まれている。腹膜には体性神経が分布するため、切創や炎症で強い痛みを感じる。なお、食道の場合は結合組織で包まれるのみで、漿膜にはおおわれない。(イラスト解剖学))

Subserosa; Subserous layer(漿膜下組織;漿膜下層)Tela subserosa; Lamina subserosa しょうまくかそしき Feneis: 402 01 [A05_0_00_009]

Adventitia(外膜)Tunica adventitia がいまく Feneis: 401 39 [A05_0_00_010]

Parenchyma(実質)Parenchyma じっしつ Feneis: 402 02 [A05_0_00_011]

Stroma(支質)Stroma ししつ Feneis: 402 03 [A05_0_00_012]

Gland(腺)Glandula せん Feneis: 402 04

[A05_0_00_013] →(分泌作用を営む分泌上皮細胞の集まり。基本的には分泌物が運ばれる導管が残存している外分泌腺と、導管のない内分泌腺に分類される。)

Lobe(葉)Lobus よう Feneis: 402 05

[A05_0_00_014] →(臓器の細区分の一つで、裂、結合組織中隔などの構造分画によって境される。)

Lobule(小葉)Lobulus しょうよう Feneis: 402 06 [A05_0_00_015]

最終更新日: 16/07/20

funalogo.gif (2604 バイト)

 

You are the th visitor to this page !(since 2000/1/1)

本日の番目です。昨日はth visitor to this page !

アクセス集計